event

造形教育センター 2020年12月 月例研究会 

≪終了≫【12/19(土)オンライン併用】造形教育センター 12月 月例研究会

日時:2020年12月19日(土) 13:30開始(接続13:00~)

場所:十文字学園女子大学/オンライン

テーマ:『造形教育の今日的意義~バウハウスから構成教育、そしてデザイン教育へ~』

講師:山田 一美先生 (東京学芸大学教授) 小林 貴史先生 (東京造形大学教授)

内容: 

 創立100周年を迎えたバウハウスに関連する展覧会やイベントが昨年から今年にかけて全国で開催されました。特に全国を巡回し、今年の夏には東京ステーションギャラリーでも開催された「きたれ、バウハウス」展は、バウハウスで行われていた教育を包括的に紹介する興味深い内容でした。

そこで12月研究会では、バウハウスの教育理念を受け継いで設立した造形教育センターの原点を振り返りながら、バウハウスの教育理念から日本の造形美術教育が受容したもの、そしてデザイン教育への繋がりの中から、「造形教育の今日的意義」について研究を深めていきたいと考えています。

12月、月例研究会は十文字学園女子大学を会場にオンラインとの併用による開催を予定しております。

12月の月例研究会につきましては、十文字学園女子大学を会場としてお借りして、オンラインとの併用による研究会を予定しております。(今後の感染状況によっては変更となる可能性がございます。)感染予防を徹底しながら、研究会を開催したいと考えております。ご理解くださいますようお願い申し上げます。

なお、12月、月例研究会に参加ご希望の皆様におかれましては、会場参加へのご案内、およびオンラインの接続方法やID、パスワード等の設定につきまして、こちらからご連絡させていただきますので、下記のメールアドレスに、12月18日(金)までに氏名、所属、会場参加希望の有無をご記入の上、参加申し込みくださいますようお願い申し上げます。(PDFファイルを受け取ることができるメールアドレスで送信願います。)なお、研究会前日にこちらから申し込み確認のためのメールを送付いたします。申し込みされた方で、返信が届かない方につきましては、申し訳ございませんが、下記アドレスまでご連絡くださいますようお願い申し上げます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

申し込み  zoukeikyouiku164@gmail.com

※ 研修会後、夕方(16:30~)よりオンラインによる懇親会を予定しております。

お飲み物をご準備の上、ご参加ください。議論の延長を行います。

※ 会員以外の方でもセンターのHPより申し込みいただけます。是非お誘いください。